奈良県宇陀市にある築80年の郵便局を改修したカフェレストラン
TEL:0745-88-9064 
テキストサイズ 小 |中 |大 |

line4.jpg

HOME > バルバル

バルバル

自分の子供にたべさせたいごはんを作りたい

夫が作る野菜を妻が料理

image.jpgバルバル自分の子供に食べさせたい、という材料で作ります。砂糖、添加物、乳製品、不使用。油は圧搾法のもので菜種油、オリーブ油、胡麻油。調味料はまともにつくられたものと、自家製の塩麹と甘麹。野菜は主に夫の作るものと近くの有機農家さんのもの。肉は薬を使わずに育てた肉と、ご縁があれば野生のもの。そして肉料理にはその消化酵素をもつ野菜を合わせてメニューを構成します。カラダにいい(野菜たっぷり)とワクワク(ひとくちでも満足できる動物食)が同居した料理を作りたいです。
ランチ 1000円
コーヒーはカフェねっこさんの豆、紅茶は羽間農園さんの和紅茶で各200円

ワンデーシェフプロフィール

image (1).jpgバルバル世田谷区で1997年から2013年まで、ご近所ダイニングバルバルというカジュアルレストランを営業していました。アボカドを使った料理が好評で地元のお客様で賑わっていました。自身が大きな病気を経験し、子育てをしていくなかで、料理人=生産者でありたいと強く望むようになり、縁あってこの地に移住してきました。
夫は移住後、自然農の師村上真平さんの作った三重県の農場で学びながら野菜を作っています。それから名張にも小さな畑を借りました。肥料を与えすぎない力のある野菜を作りたいと言っています。そしてそれを妻が料理します。バルバルセカンドステージとして、また美味しい料理を発信できたら幸せです。